ディーゼル車(バン・四駆等)【ディーゼル車買取査定】

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

年式が古くなったり、過走行などの理由で日本ではあまり価値が無い、ディーゼル車(バン・四駆等)の買取情報です。このような車は主に輸出用として買取られることが多く、タダ同然だと思っていた車に、思わぬ査定額が付く事もあります。

ディーゼル車の買取査定

ディーゼル車の買取査定

日本の四駆(四輪駆動車・4WD)やバンなどのディーゼル車は、ガソリン車に比べ走行距離が伸びても故障が少なく、悪条件の中での耐久力も高いです。
その為、海外での人気が非常に高く、日本では廃車にするような車でも高値で取引されています。

また近年こういった海外で人気の高い車両は、不法輸出を目的とする窃盗団に狙われるという社会問題にもなっています。
このような事からも、日本車の海外での人気が伺えます。

それでは、こういった海外での人気が高い車種は、どこで買取査定をしてもらえば高く買取ってくれるのでしょうか?
自分で輸出すれば高いかもしれませんが、それは普通は無理ですよね。
ですから、やはり海外への窓口を持っている買取店の利用が良い選択だと思います。

では、どの買取店が窓口を持っているのでしょうか?

大手の買取店はもちろん、中小の買取店でも輸出ルートを持っていることがあります。
これは海外のブローカー達が、積極的に日本車を輸入する為に、中小の買取店にもオファーを出している為です。

しかし、どの買取店に売却しても高く売れるかというと、それは間違いかもしれません。
日本では価値の無い中古車の場合、一般の人はその価値を知りませんので、安く買い叩かれても分かりませんし、無料で廃車にしますなんて言われて、得した気分になってしまうかも知れません。

ですからやはりこの場合も、複数社の査定を受けて価格を比較しなければ、損をしてしまう可能性があります。
※海外向けの中古車とはいえ、当然きれいな方が高く売れる可能性がありますので、「高く売る方法」も参考にされてください。

どのようなディーゼル車が人気なのか

NOx・PM法と言うディーゼル車の排気ガス規制により、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・兵庫県・愛知県・三重県のそれぞれ一部地域で、ディーゼル車を所有し続けることが難しくなり、沢山の車両が売却された事がありました。
そういった理由で買取された車で、比較的新しい車は国内の他県で中古車として販売される事もありましたが、走行距離の多い古い車の多くは海外に輸出されました。

なぜそんな走行距離の多い古い車を海外に輸出したのでしょうか?
これは日本で人気が無くて売れなかったからではありません。
安ければ日本でも売れた車ですが、先ほども書いたように海外で売ったほうが高く売れるから、わざわざ海外に輸出したのです。

この海外での日本のディーゼル車人気は現在でも続いており、国内の買取相場に強い影響力を持っています。
海外で人気の参考車種は下記になります。

【トヨタ】ランドクルーザー、ハイラックス、ハイラックスサーフ、ハイラックスピックアップ、
ハイエース、ライトエース、タウンエース、レジアス、レジアスエースなど

【日産】サファリ、キャラバン、ダットサンピックアップ、ダットサントラック、
バネット、バネットトラックなど

【三菱】パジェロ、チャレンジャー、ストラーダ、デリカなど

【マツダ】ボンゴ、ボンゴトラック、プロシード、プロシードトラックなど

【いすゞ】ビッグホーンなど

これら以外にも、それぞれのメーカーが発売する、小型・中型トラックやマイクロバスも人気があります。

車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス