【車下取り査定】下取り相場と買取価格の違いは?

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

車の下取りと買取では、両者に価格の違いは出るのでしょうか?実はその答えは中古車の流通ルートにあります。その流通の仕組みを知れば、車を下取りに出す前に相場を知ることが出来るのです。

車の下取りとは?

車の下取り査定とは

まず下取りとは、新車や中古車を買う場合に、現在所有している車を代金の一部として引き取ってもらう事です。
このやり方は、昔から多くの人が利用している買換えの方法ですが、近年では車の買取のみでも利用できる、専門店なども多くありますので、あえて下取りを利用せず、車の購入店とは別の業者を利用する人も増えています。

車の買取専門業者は90年代中盤くらいから全国で増え始め、現在ではテレビやラジオなどの様々な媒体で各社がCMしていることもあり、その認知度も上がっています。また07年に業界大手のガリバーが「プロ野球のオールスターゲーム」のスポンサーになったのも有名です。
しかし認知度が上がったとはいえ、その様な業者の利用は、今までなら全て1社で買換えが済んでいたものを、わざわざ2社と取引をしなければならず、少し面倒のように思えます。
ではなぜ、そのような面倒をしてまで、下取りではなく買取業者を利用する人が増えているのでしょうか?

車の流通ルートは、ほぼ同じだから

相場や価格とは

ディーラー等で引き取られた車は、廃車にされる場合を除き、中古車として再び市場に並ぶ事になります。
ということは、買取専門店に売却された場合と同じ流通ルートに乗るという事になります。
主な流通ルートや相場価格の計算方法は、「トップページ」をご覧頂くとして、市場流入ルートが両者で違ったとしても、最終的な市場価値は同じ筈ですので、当然ですが車の相場は変わりません。
それならば下取りに拘らず、複数社の査定を受けられる専門店の利用の方が、見積金額が上回る可能性が高いということになります。
このような理由から、専門業者を利用する人が増えているのです。

しかし下取りを利用する価値が全く無いのかというと、それは違います。
車の買取店では、市場価値の無い車は引取りしてくれませんが、買換え(特に新車の購入時)の場合、少し色を付けてくれたりするのも事実です。
このような場合は、素直にディーラーで引き取ってもらう方が得策です。
とはいえ、現在は複数の会社の買取査定を無料で受けられますので、下取りと買取両方の査定を貰い、一番高く査定してくれた会社に売るのが賢い選択だと思います。

車の下取り時の注意事項

下取りは、車を買うことを前提にしているので、普通より高く査定してもらえると勘違いしている人が多くいらっしゃいます。
しかし下取りを利用される場合、自動車ディーラーはその車を処分しなければ、販売した新車や中古車の代金を回収出来ない事になってしまいますよね。

となればディーラー側からすれば、販売代金を回収する為の手間も必要になりますし、あまり高く査定すると、せっかく車が売れたのに損をしたなんて事になりかねません。
ですから、一般の買取査定よりも高くなるなんて事は、現実的にはあまり無い事で、寧ろ無難な価格を出される場合が殆どです。

また最近では少なくなってきましたが、値引き金額と、下取り金額をまとめて見積を出される事があります。このような、見積では正確な値引き金額などが分かりませんよね。
この場合は再度見積を出してもらい、正確な金額を把握しましょう。もし価格が相場から外れていたら、更なる値引きや、査定金額のアップなど再交渉が出来ますので、非常にラッキーだったと言えるでしょう。

車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス