車をオークションに出品してみよう

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

車を高く売る為に、オークションに出品してみたいと、思ったことはありませんか?しかし通常のオークションでは「名義変更は大丈夫?」「陸送の手配は?」などの様々な問題があります。

オークションはトラブルが心配!?

車のオークション

最近ではオークションサイトの利用が一般化してきて、車の個人売買も少なからず行われているようですが、車は高額な取引になる上に、名義変更などの手続きや陸送の手配なども必要な為、素人では中々手を出しにくいのが現状です。
また購入する側にも、購入後すぐに壊れてもクレームを付けにくいなどのデメリットもある為、何か特別な理由でもない限り入札はしないようです。

実は、そんな問題を解決してくれる車専門のオークションに、グーオクというサイトがあります。
グーオクは、個人がオークションに出品し、入札は中古車情報誌Gooに掲載中の中古車販売店しか入札できない為、安心して取引を行うことが出来ます。
そして、車の陸送費や名義変更などの諸費用は、全て落札業者の負担なので、後で費用を請求される心配もありません。
さらに出品は無料ですし、途中で出品をキャンセルする事も可能です。
また、もしもオークションの利用中に困った事や、万が一トラブルになったとしても、電話やメールでGoo-netのお客様センターで対応してくれますので、安心して出品する事が出来ます。

出品方法と入札されるコツ

せっかくオークションに出品しても、残念ながら全く入札されない場合もあります。
例えば写真無しでも出品可能ですが、写真が無ければ入札される可能性は低くなります。
グーオクでは最高20枚まで画像をアップできますので、外装や内装、キズや修復跡、オプションパーツなどの写真を掲載してアピールしましょう。
もしもデジカメがなくて、解像度の低い携帯電話しかなくても大丈夫です。全体的な雰囲気が分かるだけでも、写真無しよりは効果があります。

次に商品説明(コメント)の活用です。
名目上は商品説明ですが、自由に書き込めますので、何も書く事が無くても「沢山の入札お待ちしております。」など、一言でも何か書いた方が印象は良いと思います。
他には、改造パーツやキズ・ヘコミの説明、日頃のメンテナンス状況(オイル交換の頻度)、禁煙車、ワンオーナー、女性オーナーなどなど、必要事項や写真だけでは分からない、アピールポイントはドンドン書き込みましょう。

最後に金額の設定です。
最低落札価格は必ず入力しましょう。金額は買取店での最高金額程度か、希望金額がある場合は、その価格を入力しましょう。
一発落札価格は、希望しない場合は入力しなくて結構です。たまに冗談?で、相場が100万円程度の車に200万円とか300万円とか入力される人がいますが、入札する買取店に良い印象を与えませんので、冗談は控えましょう。
オークション開始価格は、最低落札価格を入力していれば、1円でも大丈夫です。安い方が入札されやすいですし、オークション後半で入札数が多い方が注目されますので、初めは安い方が良いと思います。

その他の項目(自動延長・早期終了など)は、お好みの設定で良いと思います。
オークション出品中に質問がついた場合は、速やかに答えるように心掛けましょう。

やっぱりオークションは面倒だ

オークションのメリットは、競争入札で高くなる可能性です。
しかし相手はプロの業者です。
希少価値の高い車なら別ですが、どこにでも走っている国産車の場合は、そう簡単に高値の入札はしてきません。
つまり、相場通りの価格にしか届かなかい可能性も十分あるという事です。

また、オークションの場合は、入札業者を選べませんし、落札までの日数も必要になります。
これらのリスクや面倒を考えると、オークションと似たような状態になる、複数社一括査定の申し込みはとても魅力的です。
ただし、地域により申し込める業者数に制限があるので、試しにどんな業者が参加しているか確認してみると良いでしょう。

確認方法は簡単です。
カービュー、楽天、カーセンサーの3社は郵便番号を入力するだけで、その地域で申し込み可能な業者の一覧を表示してくれますし、業者をこちらで指定する事も可能です。
まずは3社で業者を確認して、重複する業者を除いて5社以上に申し込み可能なら、その地域ではオークションと同じか、それ以上の競争が発生すると思います。

この方法なら、リスクも面倒も無く高く売ることが可能です。

車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス