車を売却する時の注意事項【よくある質問】

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

車を売却する時の注意事項を解説しております。車を高く売ることも大切ですが、安心して取引できる買取業者を探すことはもっと大切なことです。少しでも不明な点がある場合は、遠慮せず査定士にどんどん聞いて下さい。

車売却時の注意事項

車売却時の注意事項

車を売却は、個人にとっては高額な取引になる場合も多いですので、不安な部分があれば買取店の担当者にしっかりと聞いてみましょう。

後になって、他店ならもっと高く売れたかもしれないとか、事情が変わったので売りませんなんて言っても、売買契約を交わした後ではどうにもなりません。

またこのサイトを訪れてくださった人の中には、買取店の利用が初めての人も多くらっしゃいます。

初めての場合、買取店の担当者との交渉で分からないことも多いと思いますが、ハッキリとした態度で交渉をして下さい。

買取店の担当者は、車を買うのが仕事ですから、市場価値のある車なら、是非売って下さいと言ってくると思います。

この時、もしも売る気が無いのにあやふやな態度をとれば、時間の無駄になりますし、お互いに嫌な思いもするかもしれません。

特に複数社の買取査定を受ける場合は、1社にかける時間は出来るだけ短くしたいものです。

「交渉するのは苦手だから、おたくはこの車にいくらまで出せるの?」

このくらいサッパリした態度で交渉したほうが良い査定結果を引き出せるかもしれません。

その他の、車を売却する時に起こり得るトラブルは、「売却時にトラブル」に掲載しておりますので、不安な方は一読下さい。

修復歴や故障箇所はちゃんと伝える

車買取のトラブルの一つに、後になって修復歴が見つかるという事があります。

これはあまり多いトラブルではないのですが、致命的なトラブルなので注意してください。

例えば、車の基礎となるフレームに修復歴がある場合、いわゆる事故車となりますが、もしも売主が申告しないで査定士が見逃した場合は、事故無しとして査定されます。

プロの査定士が見逃して、普通の車として査定したのだから、売主にとってはラッキーでしょうか?

残念ながらこれは、後から大幅に減額されてしまうので、ラッキーではありません。

それどころか、契約内容によっては通常の事故車よりも安くなる可能性もあるので、むしろリスクの方が大きいです。

売主としては、プロの査定士が見逃したのに、後から安くなると言われても納得が行かないと思うかもしれませんが、買取店との売買契約書には必ずそういった内容が書かれていますから、どうすることもできません。

ですから、事故歴など気になる点があれば、必ず査定のときに伝えてください。

ちなみのこれは下取りのときも同様のことが言えます。

この様な事はあまりないのですが、車の出張査定の場合は、車をジャッキアップせずに査定しますし、雨天や夜間に査定をすることもあったり、必ずしも万全な体制で査定しているとはいえないので、プロと言えど重大な欠陥を見逃すこともあるようです。

新車から所有している車であれば、事故歴などあればすべて把握していると思いますが、中古車で購入した車の場合は心当たりのない事故歴を指摘される可能性もあります。

このような場合は、その車の購入店に相談したり、中立な立場で査定をしてくれる日本自動車査定協会を利用すると良いでしょう。

車の買取査定は、少しでも高くが基本ですが、安心して取引できる買取業者を選ぶことも重要なポイントです。

下記3サイトのような利用者数の多い一括査定サイトの中から、買取店を選ぶ安心感は大きいです。

車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス