ローン中でも車は売れる?【よくある質問】

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

ローン残債がある場合でも車の売却は可能でしょうか?ローン中の車の売却方法と、車検証に書かれている所有者の確認方法について解説しています。また車の所有権解除の方法についても説明しています。

ローン中の車は、まず名義の確認を

ローン中の車を売る

ローン中であっても、車検証の所有者の欄が自分であれば、何の手続きも必要なく売却する事が出来ます。

しかし、ローンが残っている場合で、車の所有者名義がディーラーやローン会社になっている場合は、ローンを完済しなければ所有者名義を変更できず、車を売却する事が出来ません。

またローンを完済していても、ローンで購入した車の場合は所有者名義がディーラーやローン会社のままの場合があります。

この場合は、買取店に所有権解除の代行をしてもらうか、自分で手続きをしなければ売却する事は出来ません。

仮に車の売却を買取店などで行う場合は、査定金額内であればローン返済を代行してくれますし、所有権解除などの面倒な手続きを代行してくれますので、何も問題なく売却する事が可能です。

ただし、例えばローンの残債が100万円で車の売却金額が80万円の場合、20万円不足してローンが完済で来ませんので、自分で不足分の20万円を用意するか、買取店が用意してくれるローンの組み替えを利用する必要があります。

また、ローン残債が100万円で車の売却金額が150万円の場合は、差額の50万円を振り込んでもらう形になります。

個人売買など理由で、自分で所有権解除をする必要がある方は次項をご覧下さい。

所有権解除や残債処理を代行してくれる買取専門店は、「買取査定の専門店一覧」の中に掲載しております。

自分でディーラー(ローン会社)の所有権解除

ローン中でも買取可能

まず所有権解除(自分の名義に変更)をするには、ローンの完済が必須条件ですのでご注意下さい。

所有権解除の方法は、ローン完済後に車を購入したディーラーやローン会社に問合せるのが最も一般的な方法です。

必要になる書類は、車検証、自動車納税証明書、委任状、印鑑登録証明書、実印などです。

委任状はディーラー(ローン会社)がくれますので、車検証と納税証明書を除けば、自分で用意するものは実印と印鑑証明(3ヶ月以内)となります。

※ディーラー等に代行してもらう場合、代行手数料を取られる場合もあります。

もしも、ディーラー(ローン会社)に代行を任せずにすべて自分で行いたいという方は、管轄の運輸支局(旧陸運局)で手続きを行います。

手続きの内容は名義変更と同じですので、詳しくは「名義変更について」をご覧下さい。

車の所有者(販売店)が倒産したなどの理由で、連絡が取れなくなり所有権解除が出来ない場合は、「売却時にトラブル」をご覧下さい。

車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス