車を売る時期で相場は変わる?【目指せ高額査定】

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

車の売る時期を見極めて、高額査定を引き出すことは出来るのでしょうか?中古車の相場変動は季節だけで起こる物ではありませんし、買換えを前提として車を売るのなら、新車や中古車の価格にも注意しましょう。

車を売る時期を選ぶ意味はあるのか?

車を売る時期を調べる

車を売る時期を選べば、相場が変わると一般的には言われていますが、実際はどれ位変わるのでしょうか?

これは車の需要にも深い関係があり、中古車の販売数が増える時期には、実際に価格が上昇する場合もあります。

もう少し具体的に中古車が良く売れる時期を言うと、免許取得者が増える時期、つまり初心者ドライバーが増える春から夏にかけて、車の価格が上昇すると言われています。

他にもオープンカーなら夏、4WDなら冬に高くなるとも言われています。

ただし、車を売る際の相場が上がるということは、中古車の値段も上がるという事になりますので、もし車の買換えで売却を検討しているなら、結局はいつ売ろうと大差はないという事になります。

また新車の買換えを検討している場合は、新車ディーラーの決算期である3月や9月に買換えをする方が、新車の値引きを引き出しやすく、車を売る時期にこだわるよりも、得をする可能性があると思います。

もしも現在所有している車の車検が迫っている場合は、わざわざ車検費用を払うより、速やかに買換えをした方が得でありますし、新車のマイナーチェンジやモデルチェンジの影響で、車の価値が変動する事もありますので、よほど新車や中古車の相場に詳しい人でもない限り、車は売りたい時に売る方が無難だと思います。

また近年では、日本車の中古車は、海外で人気が高まっているため、海外での需要がオークション落札価格にも影響を与えています。

しかし、海外での相場の変動はプロでも予測が難しいですから、やはり時期による相場変動を狙っての車を売るのは、あまりおすすめ出来ません。

例えば、冬場に輸出が好調で市場が盛り上がっていたとしても、春先に輸出が落ち込んでしまい、春の繁忙期とはいえ国内需要だけでは相場の下落に歯止めが利かず、冬場の相場を元に算出した価格で買取した業者が大損をしたなんて事も業界ではよくある事です。

このように、車を高く売るなら時期にこだわるよりも、複数社に見積依頼をするなど、他の部分で高額査定を狙う方が良い結果が得られると思います。

中古車相場は高いのに買取相場が安い車種

中古車として売られている車を見ると、そこそこ良い値段で売られているのに、同じ車種の自分の車を査定してもらったら、中古車相場よりかなり安くてガッカリした。

この様な経験をした事がある人もいるかもしれませんね。

「中古車は高いのに買取は安い。」少し矛盾しているようですが、これはよくある事です。

例えば最近人気のミニバンで例えると、ノア・ヴォクシー・セレナ・ステップワゴンなど中型クラスのミニバンは、あまり関係が無いのですが、アルファード・ヴェルファイア・エルグランドなどの大型のミニバンは2.5リットルや3.5リットルなど、排気量が分かれている車種があります。

そして、3.5リットルクラスのミニバンは、ハイオク指定で燃費も悪いので、ガソリンの高騰が続いたりすると、中古車の動きが鈍くなり買取価格にも反映されてきます。

つまり、景気が悪くなると大排気量の高級車は中古車の需要が落ちるので、買取価格が安くなると言う事です。

しかし、なぜ中古車相場は落ちないかと言うと、中古車の価格は販売店が店頭に置いた時の買取相場が基準となっています。

ですから、売れ残った車両を赤字を出してまで値下げする事は出来ないので、中古車価格は横ばいと言う事になります。

とは言え、高いままでは売れない車両ですので、そのままガソリン価格の高騰が続いたり、景気回復の兆しが見えなかったりすると、買取相場のようにストンとは落ちませんが、中古車価格もズルズルと下がってきます。

そして、一度落ちてしまった相場が回復すると言う事は、通常あまりありませんから、自分の車でその様な状態になった場合で車を購入予定なら、更に価格が落ちてしまう前に早めに売ってしまうか、車の購入を諦めて乗り続けるという選択になるでしょう。

ただし、完全に相場が落ちきっていない不安定な状態なら、複数社一括査定をすれば思ったより高額な査定が出る事もありますので、試しに複数社で査定をしてみて、その結果を見てから判断する方が良いと思います。

車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス