車売却時の必要書類について【よくある質問】

車買取査定と相場情報のCARKAU(カーカウ)

車の売却に必要な書類の説明と取得方法について分かりやすく解説しています。車の売却が決まる前に必要書類を揃えておけば、スムーズに売却取引が出来ますので是非ご覧下さい。

車の売却に必要な書類は?

車を売却するには、いくつかの書類が必要になります。
まず、車を買取査定を受けるだけなら「車検証」と「自賠責保険証明書」だけでも大丈夫です。
この2点は、車に常備する事が義務付けられていますので、通常ダッシュボード等の車検証ケースに保管していると思います。
その他の売却に必要な書類は、普通自動車と軽自動車で異なりますので、下記をご覧下さい。
もしも車検証や自賠責保険証明書などを紛失した場合は再交付(再発行)が可能ですので、手続き方法が知りたい方は「売却時にトラブル」をご覧下さい。

普通自動車の売却必要書類

普通自動車
自分で用意する書類 売却先が用意する書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書(自賠責)
  • 自動車納税証明書(自動車税)
  • リサイクル券(預託済みの場合)
  • 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  • 実印
  • 譲渡証明書(譲渡証)
  • 委任状
売却時に必要になる場合がある書類
引越し(転居)などの理由で、車検証に記載の住所と現住所が異なる場合や、結婚などにより姓が変わった場合は下記の書類が必要になります。

1度の引越し(転居)をした場合
住民票(現住所の役所で請求)

2度の引越し(転居)をした場合
住民票の除票(車検証に記載の住所の役所で請求)

3度以上の引越し(転居)をした場合
住民票と戸籍謄本の附票(本籍地の役所で請求)

結婚などで姓が変わった場合
戸籍謄本(本籍地の役所で請求)

ローンがまだ残っている場合は、「ローン中でも売れる?」をご覧下さい。
これら以外にも、「車の名義人が売主と違う」「法人名義」などの場合は、別の必要書類が必要になるケースもありますので、売却前に買取店にご相談下さい。
コメント
一般的に車検証ケースの中に保管している書類が殆どですので、実際に用意するものは実印と印鑑証明ということになります。
印鑑証明は発行日より3ヶ月以内のもの、納税証明書は当年度のものが必要です。
また、本人確認の為に免許証の提示(またはコピーの提出)を求められますので携帯しておいて下さい。

軽自動車の売却必要書類

軽自動車
自分で用意する書類 売却先が用意する書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書(自賠責)
  • 自動車納税証明書(自動車税)
  • リサイクル券(預託済みの場合)
  • 認印
  • 自動車検査証記入申請書
コメント
一般的に車検証ケースの中に保管している書類が殆どですので、売却時に用意するものは認印だけということになります。
また、本人確認の為に免許証の提示(またはコピーの提出)を求められますので携帯しておいて下さい。
車買取査定情報
よくある質問
目指せ高額査定
その他サービス